森の話し手になるには?

毎年、日本のあちこちで森が崩れ出しています。根本原因となる森を強くするために、なるべく早く膨大な面積の人工林に手を入れたいですね。そのためには、たくさんの人を巻き込んで行く必要があります。

 

皮むきイベントを主催するには、きらめ樹リーダー養成講座を受講していただくのですが、森のお話を聞いてきらめ樹の考え方に賛同し「わたしも話し手になりたい!」という方には、お話会の時に使ったスライドデータと文字起こし原稿をお渡ししております。

 

一人が二人の人に伝えれば、一億人に伝わるのに1ヶ月かかりません。まずは、森で何が起きているか知っていただくこと、価値観を共有することが大切だと考えております。

 

全国には、たくさんの話し手さんが誕生しています。でも、まだまだ足りません。ぜひ、たくさんの方に森のことを町の人に伝える役割を担っていただきたく、お願いいたします!

データの請求は、事務局までお願いいたします。なお、こちらのデータの二次配布はご遠慮ください。

 

どんなお話か聞いて見たい!という方、事務局もしくは全国のブロックリーダーにご相談ください。

 

きらめ樹フェス2015

毎日新聞様より