500年の森の夢

きらめ樹が目指す森の姿を、詩にしました。

体験会では、実際に残す木をみんなで囲んで、この詩の朗読を聞いて未来の森の姿をイメージします。

 

「500年の森の夢」

 

500年後。

樹高35m、直径3m。

一見広葉樹の森の中、

神々しい杉・桧がそびえている。  

1haに8本。 

仲間が巣立っているのを見送りながら

この森に残ったエース君達。   

 

日本が世界が求める大径木。  

その数、日本全体で1億1000万本。 

 

日本はもう木材の輸入国ではない。  

世界が見ほれる木材資源国だ。

 

 

6人の人と手をつなぎ輪になって座ってみると 

その輪はおおよそ直径  3m。 

500年後の大木を抱きしめる感じ。 

その木はかつては線香林と呼ばれる森に

ひしめいていて、 

直径わずか20〜30㎝しかなかった木。 

樹高も15m前後しかなかった木。  

その木は今、きらめ樹している森にいる。

 

この森のどこかで、光を求めて立っている。  

 

500年後の森とつながろう。 

きらめくあなたは光の使者。 

500年後につながる光の使者。 

じわりじわりと世界は変わる。

小さな力を集めて世界は変わる。  

 

きらめ樹フェス2015

毎日新聞様より