右サイドバーの項目も御覧ください▷

NPO法人森の蘇りとは

NPO法人森の蘇りは、女性も子どももできる「きらめ樹」(皮むき間伐)という手法を使って、手入れの遅れている森に、光を入れていく活動を推進しています。

それは、世界の森を守り、日本の森を蘇らせることに繋がります。

そして、木材をはじめ、森の恵みを大切に活かしていくことで、海外の森に依存しない、自立した暮らしを広げていくことを目指していきます。

 日本の森をきらめ樹(皮むき間伐)して、みんなの力で森に光を入れていきましょう!

今、全国にその輪が大きく広がっています。

 

※森の問題点をシェアし、皮むきイベントを開催するのがNPO法人森の蘇りや各地のチームの役割。天然乾燥がかかった木を、伐採、製材、加工し街に届けるまでが、各地のきらめ樹工房の仕事となります。

 

きらめ樹が大事にしているお約束があります。

このお約束を軸に、各地で自由に活動してるチームが増えています。

 

「きらめ樹 7つのお約束」

本気で500年後を見つめ 共に進む

 

■3つの想い

・ きらめ樹(皮むき間伐)を進め、日本の森を再生する。

・ 日本の木を活かしきり、世界の森を温存する。

・ 森の民として、500年後の未来を見つめて生きていく。

 

4つの指針

・ きらめ樹は最新情報を共有し、全国共通のやり方で進める。

・ 木の伐採、加工は、講習を受けてから着手する。

・ きらめ樹工房は、ボンド、外材、合板、石膏ボード、珪藻土を一切使わない。

・ 情報、技術交流を大切に、みんなでみんなを育てあう。

 

■事務局

418-0006

静岡県富士宮市外神1550–63

tel.090-1412-8573 fax.0544-58-0890

 

メールでのお問い合わせはこちらから

きらめ樹フェス2015

毎日新聞様より