●9月19日@山梨・身延
Kirameki speech, demonstration & nature tour in Minobu-town Yamanashi pref.

9月19日晴家パラソルさんの森で、

野外お話会&レッツきらめ樹〜

台風の雨もしばし待ってくれて、今季ファイナルの皮むきです。

小さく細いヒノキをみんなで剥きあげました。

そして、

今年むいたヒノキの森〜コナラの雑木林へネイチャーツアー

ここ身延の大地は、御坂山地の南端。

1500万年前ごろ、数百万年かけて、

海底火山が作った島でした。。

今は、ちゃんと陸続き。

そんな大地のお話から始まって、

キノコの生える現実へ。

クルミやアケビ、

種類豊富なキノコたち…

きらめ樹した森の、

地面の植物たちは

来年、そして2年後、3年後、

23、53、76種の勢いで、

多様性が爆発していきます

本来の、

豊潤な山に戻っていくことでしょう。

そう、きらめ樹はただ森に光を入れるだけ

あとは、森の神様が

タネの芽を出させ、

虫を呼び、鳥を呼び、動物を呼びます。

鳥や動物のお尻からの落し物は、

新しいタネを森に運んでくれます

キノコも落ち葉も微生物も、

森の土つくりにいそしみます。

真っ暗なヒノキの森だった時には止まっていた、

命の循環のスイッチが入るのです。

4年後、キイチゴの花が満開になります。

5年後、キイチゴの実がたわわに実ります。

森の自然が大好きなハレルヤのみなさま

1年ずつの変化を、どうぞお楽しみに〜!!

●9月11日@山梨・牧丘

Kirameki in Makioka-town Yamanashi pref.

9月11日日曜日 山梨青年工業会のみなさんと レッツきらめ樹

山梨県牧丘町にて。

子育て世代の方々が、家族でご参加。

小さい子も、

お兄ちゃんたちも

子どもたちが森へ来て、

一緒にはたらく。

谷の中の急斜面を登って遊ぶ。

そんな子供たち、見てるの飽きないなあ。

たくさんの子どもたち、大人のみなさん

森に来てくれてありがとう〜

って、森の神様が、きっと言ってる。

………………………………………………………………………

ご報告遅くなりました。

企画してくださった、かよさん、準備して下さった山梨青年工業会の委員のみなさん、奨さん、山主さんとコミュニケーションしてくださっていた三好さん、いつも熱いトークの大西さん、

ありがとうございました〜!!

●9月9日@徳島・牟岐町
Kirameki in Mugi town Tokushima pref.

9月9日、徳島県海部郡 牟岐町 きらめ樹の1日、完了です。

午前中は、日本の森と世界の森と住宅のつながりを情報共有。

午後から、きらめ樹を、ゾーン作りから体験。

杉と、細いヒノキの混じる森でl選木。

台風一過でも乾いた地表のコシダとウラジロシダの森で、

やっと剥ける木で、

レッツきらめ樹〜!

ワーワー笑いながら皮をむく。

でも、

初めて皮を剥くとき、

木を前にして、

皮を剥いてゴメンね、

そんな気持ちにもなります。

だからこそ、

お神酒と塩とお米を添えて、

命を頂きます。

しっかり使わせてもらいます。

木に伝えます。

なんだか涙がこぼれそうな気持ちに

なりながら、皮を剥いていきます。

ありがとう。

このきらめ樹材は、

来年、再来年、

牟岐町の おじいちゃんおばあちゃん、

みんなも喜ぶ

ステキな道具に変わります。

来年は、きらめ樹シーズン初めから

ガンガン剥きにいきますっ。

牟岐町のきらめ樹で、

楽しんでくださいね!!

お楽しみに〜

●9月7日@富士宮 法政大学
Kirameki in Fujinomiya, Forest revival activity

平たんな森だけにゆるされる、

新しいワザが登場してしまった〜

ご報告が前後しております。

9月7日 法政大学 建築学科のみなさんと

レッツ キラメキ。


騎馬ムキ

人間スイングムキ

ついついやりたくなるのが肩ぐるまムキ。

もちろん、バックアップ付いてます。

皮がむけた瞬間に後ろに振られますから。

そして、むき上がった1本の木に群がるヒトビト…

笑い声が森に響き、

ケガなく、そして楽しく

森のお手入れさせていただきました!

……………………………………………

西山工業の社長さん、大石さん

差し入れのお心づかい、ありがとうございました。

阿部先生、法政大学網野先生、杉浦さん、

体験会の設定、ありがとうございました。

●8月31日@静岡・牧之原市
Kirameki in Makinohara Shizuoka pref.

きらめ樹キャラバン8月のフィナーレ 牧之原 

急斜面すぎて 笑いました。

なぜか「出会いのきらめ樹」に話が集中し、、、

ついには、けん怠期の夫婦のためのきらめ樹は?

というアイディアが。

子どもたちは、サクサク登り、

大人は一歩登っては二歩下がる、みたいな滑りっぷり。

傾斜45度はキャラバン史上最高ランキング。

斜面が急は、良いですよ。

お互い、なるべく動かないように

コミュニケーションするしかない

ご夫婦の共同作業、、

ピリリリ〜

そしてあきらめない女性2人の

力技!

8月31日

ナイスな写真撮れました〜

………………………………………………………

絵里さん、剛さん、あさみちゃん、告知、お声かけ、

さまざまな準備、ほんとうにありがとうございました。

ごちそうさまでした。

恩は売っておくもんですね!!笑

●8月30日@京都・美山町
Kirameki in Miyama Kyoto pref.

8月30日 京都府南丹市美山町にて

きらめ樹リーダー養成講座開催しました。

40度近い傾斜の斜面で、

なるべく歩き回らない方法で、

ゾーニング、そして選木。

スギとヒノキの混じる区画だったので、

まずは、ヒノキを優先して考えます。

残す立派なヒノキが決まったら、

次にスギで残す優勢木を考えます。

ピンクの選木テープが巻かれ、

残される木の配置のバランスを見ます。

そして決定。

二つ目の区画では、参加のみなさんだけで選木しました。

1本1本の太さやヒノキかスギか、配置はどうか?

残す本数は?

色々な角度から協議して、

決定。

ピンクのテープで配置バランスを確認して、OK。

8月末で、剥けも手間取りますが、

やっぱりムキたい!

斜面下の人は、すってんころりんしないように気をつけて、

レッツキラメキ!

この日は、美山里山舎の代表小関さんが、

ウッドマイザー製の製材機も稼働して説明してくれました。
(動画はこちらから観れます→ https://www.facebook.com/sayaka.nanba.5/videos/1051881471600262/

稼働しながらの、細かな点を知りたかったので、

ありがたいことでした。

参加の皆さんは、丹波の人工林をなんとかしたい、南丹市できらめ樹やってきたい、徳島で取り入れていきたい、という方々が集まり、熱心に情報交換されていました。

作業道を30分ほど登った林地でしたが、

1日を終えて、傾きかけた日差しの中を、

テクテク下山していく、

それもまた何だか楽しい時間です。

…………………………………………………

高草さん、何度も開催の準備、段取り、

ほんとうにありがとうございました。

回を重ねる度に、仲間の輪が広がってますね〜。

●8月27日@福岡・糸島市
Kirameki in Itojima Fukuoka pref.

・きらめ樹キャラバン 九州 完了です。

・各地での感想もシェアいたします。

・・・・・

8月27日の糸島では、

前回8月18日の参加者さんが、今度はきらめ樹のやり方を伝える側になって実践です。

広葉樹とスギとヒノキの混じる森で、

ヒノキがスギに勝って育っている林分でした。

断面積合計は50前後〜60台。

ヒノキはしっかり育っていて残り、

劣勢木は細いスギ。

う〜ん。

やはり、剥けない。。

カマ剥きですね。

少しでもつかめるところを作って、

何が何でも、レッツきらめ樹!!

差し入れの昼食をいただきながら

情報交換。森への思い、今の社会への思い、

同じ想いのつながりが盛り上がります。

・・・今回のキャラバンの各地で聞いたことは・・・

「知らない裏話をたくさん知って、ショックでした。」

「森のことに関わりたいとずっと思っていたのに、林業って女性の私にはできないなあと、とても入りにくいなあと思っていたんです。だから男女ペアでできるってすごくいいですよね。」

「地球のためになる生き方をずっと探してきたのですけど、これだっ!というのに巡り合ったんです。きらめ樹一生やっていきます。」

「きらめ樹、前から知ってて気になっていたんです。東京方面へ行くことがあったら体験してみたいと思ってたところ、ネットで九州に来ること知って、申し込みました。皮むきをどうしてもやりたかったから、森を、もうすっごい探しましたよ〜。本当に体験できてよかったです。」

「日本の森のことは知っていたんですけど、家と世界の森の問題とがつながってるのは知らなかったです。広げて欲しいです。」

「都会の人相手の体験ツアーのようなものだと思っていたんですけど、ここまで全てが仕事になってるシステムと知って、びっくりしました。」

「きらめ樹、学校の授業で必須科目にしたいですよね。学校でみんなやらないと。森のこと教えないと。」

「大西さんのお話、いつまでも聴いていたいような気持ちです。」

「500年の森の夢、じんわりきて泣きそうでした。感動しました。」

「なんか、デッカい話なんですけど、やれそうな気がしますね。あはは〜」

「ぼくの友だち、これ、メッチャ食いつきますよ。地元、青森で広げます!」

九州各地でも熱い想いをたくさん聴かせていただきました。

来年は、伐採キャラバンに行きます!

お声かけよろしくお願いします〜

…………………………………………………………………………

ふじいもん、奥様、大変お世話になりました。

糸島のみなさま 、ご馳走さまでした。ありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますね。

●8月24日@熊本・阿蘇


Kirameki in Aso 2

8月24日 阿蘇きらめ樹キャラバンは、

メンバーも新たに、熊本地震の支援に来ている、

東北各地の学生さん達と、一般参加の大人です。

木の養分を味わうお嬢さま方。

スギはどんな味?

阿蘇は、道のすぐ横で、平らなところに

びっしりスギが生えています。

きらめ樹した後、

伐採も、積み込みも平らだから、ぐっと楽です。

そして

今後増えると予想される、改築や再築。

築150年の木と土の家と暮らしてきた方々は、

その、目に見えない大地の安らぎに包まれてきたのだと、

想像しています。

再び、

今度はきらめ樹の天然乾燥材で

安らぐお家を手に入れて欲しい。

そう願いながら、

阿蘇きらめ樹キャラバンの二日間を終えました。
……………………………………………
支援活動の合間に、集客や告知、森の下見や段取り。
つごう4日間の滞在中のことまで、ユナイテッドアースのえいたさんはじめ、なおとさん、ひなのさん、皆さまには、本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

●8月23日@熊本・阿蘇市
Kirameki in Aso 

熊本県阿蘇のカルデラの中できらめき体験会1日目

8月23日のご報告です!

8月23日 は体験会&お話会 でした。

阿蘇の外輪山には、地震とその後の豪雨でおきた土砂崩れが

いくつかの筋になっているのが見られました。

そして、阿蘇のカルデラの中も、外輪山の斜面にも

スギが、びっしり植林されています。

外から見ると、スギが整然と並んでいますが、

中に入ると、暗くて下草がなく、

間伐を待っているところがたくさんあります。

体験会とお話会は、

熊本地震の復興支援に入っている

瀬川えいたさんを中心とした

ユナイテッド アースのボランティアさんたちと、

一般参加の方々のタッグです。

………………………………………………………

今回の森は、阿蘇のカルデラの中、外輪山の麓でした。

表面数十センチが、森の作った土壌で、

その下は、溶岩の岩ゴロと、火山灰が粘土のように固まったもので、

この層が水を通さない層になります。

だから降った雨を保ってくれる層は、表面の数十センチ。

スギの単一林では、土を抑える根っこは1種類ですし、

土を耕して団粒構造を作ってくれる草が足りません。

間伐で森に光を入れて、

スギの森の中に、広葉樹と草の階層構造の森を作ることで

その土地本来の生態系に近づいていける、と思っております。

●8月20日@宮崎・串間市
Kirameki in Kushima Miyazaki.pref

宮崎県 串間市にて 宮崎 初きらめ樹〜!

南国は、スギの育ちがいいのか、

断面積合計が130〜160!


しかし

間伐対象は剥けが悪く、

劣勢になっていたことが分かります。

宮崎も大分も、

杉が、本当にたくさんの面積で植えられています。

手が入っていないところもたくさんあります。

九州、きらめ樹、やりがい大きいです。

また、森でお会いいたしましょう!

………………………………………………

田中さん、たくさんの方々にお声かけくださって、

受け入れ準備や草刈りしてくださって、

ありがとうございました!!

●8月19日@大分・湯布院
Kirameki activity in Yuhuin Ooita pref.

大分 初 きらめ樹 !

2016 8.19きらめ樹★湯布院 ご報告第二弾

森の精がうまれました。

残った杉で一番細い木が24〜26センチ。

細い杉は、なかなか剥けず、

弱っている上に1ヶ月まとまった雨の無いのも追い打ちをかけていたようです。

剥けにくくても

子どもも大人も、みなさんに楽しんでもらえて、

ホッとしました。

お話を聞いて、実際に体験して

しっかり腑に落ちました、と感想をいただき、

本当によかったです。。。

今回、昼食は、みなさんの一品持ち寄りを、

民泊えんやさんで、頂き、なんとも贅沢なランチになりましたヨ。

ふふふ。

……………………………………

急きょ引き受けてくださった

ゆかさん、全面的にご協力くださった、ゆみさん、本当にありがとうございました〜〜すてきなご縁が広がりました!!

宿泊のくつろぎにご配慮頂き、身も心もリフレッシュできました。

ほんとうにお世話になりました。

ありがとうございました!!

●8月15・16日@兵庫・丹波市


Kirameki in Kitayura Tanba city 

8月15〜16日丹波市 北油良での伐採&きらめ樹体験でした。

斜面を利用して軽々と出材〜余裕の笑顔!

https://www.facebook.com/sayaka.nanba.5/videos/1038612406260502/
(出材の様子を動画でご覧になれます。)


昨年皮むきしたところできらめ樹材の伐採方法を披露。

カッコよく披露するはずが、

木のバランスが、斜面下へ偏っているのを修正しきれず、

頭を斜面下へ傾けてしまう。

きらめ樹したヒノキは、

葉を落として頭が軽くなっているので

傾いたまま隣の木の枝にひっかかります。

そのため、切った株元を引っ張って倒しております。

斜面下に頭を向けて傾いていると、

理論上、株元を斜面の上に向かって引っ張り上げることになりますが、、、

人の力でできることではなく、、、

それはムリ。

ロープでのたくし上げを使って、四苦八苦のすえ、

頭を斜面方向へ修正し、株元を下へひっぱることができました。

ホッ。

その一本の修行に学び、

次の2本はコロッセイタを使って順調に伐倒。

倒した木は2メートル15センチに玉切りし、

みんなで運搬。

女性もかつげて、子どもも女性も、

もちろん男性も参加できる森のお仕事満載です。

Kirameki ...Forest revival activities

……………………………………………

楽しい2日間を運営してくださった、えいたさん、タケルさん、みつこさん、あいちゃん、美味しいお食事を用意してくださったリンダ、みなさま、ありがとうございました〜!!

●8月10・11日@静岡・富士宮

 二日間で子供たちも スイスイ出材!
https://www.facebook.com/sayaka.nanba.5/videos/1034706313317778/
(出材の様子が動画でご覧になれます。)

1日目の伐採体験では、

秘技コロッセイタを

理事長が嬉々として披露。

群馬県中之条町の方々も真剣に出材。

2日目は、まずは、きらめ樹の選木と皮むきを練習。

さらにチェーンソーに慣れること、フォーム固め、

丁寧に素振り練習をしてから、

チェーンソーレディース、お二人デビュー!!

ホッとしてまわりを見回すと、

森の中には、

野生のイチゴ、冬イチゴの花が咲いていました。

クリスマスには、美味しいイチゴになるんだよ〜

8月6・7日@岐阜・関市

かすかにブルーグリーンを帯びた、清らかな水の流れる川。

ここは岐阜県関市洞戸。

板取川では川で遊ぶ子どもたち。

鮎が泳ぎ、カジカの住む川。

地元の方が言うには、


前日の夕立で、今日は水が濁ってるんですよ。

そうでしたか、

ええ!?これで!
十分透明ですよ。

地元の方からすれば、
最高に美しい川を見て欲しかったですよね。

川の清らかさを誇りに思う気持ちが
伝わってきます。

板取川は、清流長良川に注ぎます。

日本の誇りです。
いえ、世界の宝です。

世界の宝は、
ちゃんと五感で体感してきましたよ〜。
暑い日でしたから。

ジャッボンって。
お水はひんやり。
スマートな縞模様のドジョウと一緒に。

そして、
板取川へ注ぐ水が湧きだしている山の間伐。
子どもも大人もレッツきらめ樹しました〜

美しい川が、豊かな森とともに、
7世代先の子どもたちへつながりますように。

☆中京圏のみなさま、今後、
板取川&きらめ樹をぜひお楽しみに!

……………………………………………………………………
桑原木材の、直樹さん、奥様、社長の全面的なお力添え、
杉浦さん、真紀ちゃんの機動力、大西さんの力強い説得力
みなさま充実の1日を本当にありがとうございました。

きらめ樹フェス2015  動画 ↓毎日新聞様より

定例会議事録のコーナーを作りました。 日々の活動報告や、活動の予定を知る事ができます。