· 

きらめ樹ワーク

今日も

きらめ樹ワーク 剥きました。

由香ちゃんと2人で39本。

スギとヒノキでは、

剥け方が違います。

元気のないスギはブチブチと切れやすく、

ヒノキはけっこう細くても、上までつながります。

皮が薄くて、

ああ、元気のないヒノキだなあ、

これは楽かも!と

あなどっていると、

上〜の方まで剥けて、

枝に引っかかって、うぐぐぐぐ、、

皮が離れない。。。

と。なります。

森の神さまに、

軽くみてたなあ。

そうはいかんぞお〜

と言われているようです。

・・・・・・

上の写真は、今日剥いていた森。

下は、同じ地点から振り返って見た

お隣の、山主さんの異なる林分です。

昨年平成30年の10月、

台風24号での倒木。

富士山の人工林では、あちらこちら、

いえ、もっと大規模になぎ倒された倒木林分も見られました。

倒れる前にきらめ樹できていたなら、

その木は活用できたと思うのです。 

きらめ樹フェス2015

毎日新聞様より