Q.木の水分が抜けると何%ぐらい重さが減りますか?

 

 生きている木の中にある水の重さは、木の二倍以上あると言われています。皮をむいて水分がしっかり抜けるとその中に含まれる水の重さは20%台に減ります。木の1本の重さが1000キロと仮定すると、生の木の重さは3000キロ以上ということです。例えば、3300キロの木をきらめ樹して含水率が20%に減ったとすると、そのきらめ樹材の重さは1200キロになります。すると、2100キロ重さが減っています。従って、60数%重さが減ります。きらめ樹材は、生木の重さのおよそ3分の1にまで軽くなっている計算になります。

きらめ樹フェス2015

毎日新聞様より