Q.世界の森を守るために、自分ができることはありますか?

 

 お近くのきらめ樹イベントに参加していただき、森の抱えている問題を知ってください。そして、周囲の人に、日本の森と世界の原生林と私たちの暮らし方が密接につながっている、というお話を伝えてください。1人が2人に伝えたら1ヶ月で1億人にひろがります。

 

 森に来れない方も、自分の得意なことで森のお役に立てることがあります。お話し会を開催する、きらめ樹材を使う、山主さんと話をつなぐ、SNSで発信する、きらめ樹基金に寄付をする。

 

 また、買い物は投票です。

 世界の原生林の木材=合板を買わないでください。カラーボックスや安価な家具はみな合板=世界の原生林の木材です。そして新建材の家も、世界の原生林由来の合板でできています。

 

 紙も世界の原生林でできています。ですから、紙は99.9%リサイクルしてください。ティッシュペーパーの使用量を極力減らしてください。ティッシュペーパーも世界の原生林です。葉っぱを紙の代わりにして、ウンチを栄養として森に返す“葉っぱ野ぐそ”を提唱し広めている方もいます。

 

 もうひとつ大事なことは、マスメディアの情報をそのまま鵜呑みにせず、本を読んだり自分で調べたりして、自分たちのくらしが世界とどうやってつながっているのかを知る努力をしてください。ショックが大きくて受け入れられないこともたくさんあります。でも、どん底の事実を知ることからしか自分の行動を変えらないこともあります。でも、知ることは光、未来を輝かせる光です。

きらめ樹フェス2015

毎日新聞様より